【1冊目】[7つの習慣]”中田敦彦のYouTube大学”がおすすめしてたから読んでみた

スポンサーリンク

今回は1989年に初版が発行された発行部数4,000万部突破の名作“7つの習慣を読んだので紹介します。

created by Rinker
¥2,420 (2022/09/27 17:49:37時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

WHY – なぜ“7つの習慣を読んだのか

私がほぼ毎回欠かさずチェックしているYouTubeチャンネルに中田敦彦のYouTube大学があります。あっちゃんのトーク力で経済、お金リテラシー、書籍、その他諸々を面白く解説してくれるチャンネルです。そこで”7つの習慣”が紹介されていました。元々“7つの習慣に興味があり、あっちゃんのトークに引き込まれて買おうと思いました。他の人のレビューや世間の評判を調べました。元々興味があったのは、今後のキャリアや様々なことを考えるタイミングに直面していて、価値観を変える、参考になるヒントがないかと思っていたからです。

WHAT – 読んでみて思ったこと

実際に読んでみてとても良かったです。今まで読んだ本の中で他の人に最もおすすめしたい本になりました。

7つの習慣を紹介してくれるのですが、個人的には、”原則中心”(第2の習慣)が刺さりました。まだ第1の習慣(主体的である)も身に付いてないと感じていますが、7つの習慣全てを意識するようにしています。

この本は抽象的なのでので3周する必要がありました。3周目でようやく腹落ちさせることができたと感じています。大体どんな本も2周読むようにして理解を深めるようにしています。

1周 さらっと読んで全体感を掴む

2周目以降 全体感を掴んだ上で細かい部分の理解を深める

HOW – “7つの習慣”をどのように活かすか

抽象的な内容なのですが、私なりにどのように活かしていきたいかを整理しました。それぞれで例えていますが、もっと良い例えがあったと思います。パッと出てきたのはこれでした…

何でも主体的に行動する。この時関心の輪を大きくする(1の習慣)

自分がやることは何でも主体的にやるようにしています。自分に責任を持たせる感覚です。そのため、自分自身に説明できないといけないですし、他の人にも内容や理由を説明できないといけません。例えば、仕事で資料作成を依頼された時は、依頼されたではなく自分の責任という感覚で、自分が本当に正しいと思う作業をします。もし違うなと思ったら他の作業を提案することもあります。関心の輪を大きくして、依頼内容を上回る作業はないかを常に考えます。

手段を説明するのではなく、目的を説明する。(3の習慣)

その人に何かを依頼するときは、手段は重視せずに結果を重視します。相手を信頼して、聞かれた時だけ手段をアドバイスします。例えば、子どもにパジャマから洋服に着替えて欲しいときは、服を準備して後はおしまいで見守るだけです。聞かれたら服の前後を教えてあげるし、服をたくし上げて首にかけてあげます。(実際はできないできないーと悲鳴をあげてすぐに手伝ってしまいますが…)

誰かと何かをやるときはWin-Winの方法を考える(4の習慣)

その人のWinを考えて、それを実現し、尚且つ自分のWinがないかを考えます。例えば、洗濯物を畳む時に今日使うタオルは畳まずに所定の位置に置きます。そうすると、自分はタオルを畳まなくて良くなり、妻はタオルを準備しなくて良くなり、Win-Winになる、といった感じです。それぞれの例えが浅かった気がしますがうまく例えられずすみません。もっと自分の中に落とし込む必要があります…

WHO – “7つの習慣”がおすすめな人

何か本質的な価値観を知りたい、自分の価値観を変えたい人におすすめです。抽象的で難しい本なので、なんとなく“7つの習慣がたくさんの人におすすめされてるから読もうかなと思ってる人にはつまらなくて読み進められないかもしれません。本書は519ページもあるので、そういった場合は漫画版もおすすめです。私は3冊(①を飛ばして②〜④)を2周ずつ読みましたがとても読みやすかったです。1冊30分もかからない程度で読めました。ただ、漫画版だと本質的な部分まで腹落ちさせるのは難しいと思います。個人的には完訳版を読んでから漫画版を読むと自分の理解を確かめることができるのでおすすめですが、入りとして読むのも良いかなと思います。

まとめ

なかなか自分事に落とし込むのが難しいですが、何周か読むとどこかのタイミングで見えてくるものがあると思います。こういった類の本は何度も読めば読むほど理解が深められるものだと思いますので、私も今回の投稿を機に4周目を読み始めています。

created by Rinker
¥2,420 (2022/09/27 17:49:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました