【#6】[世界のディズニー比較]東京ディズニーリゾートはチケットの値段を1万円まで上げるべき!?

その他
スポンサーリンク

先日(2021/3/20)、日本でディズニーランド・シーで値上げ(8,200→8,200円or8,700円(土日祝のような繁忙期は500円UP))がありました。価格は時期や曜日によって変動するみたいです。8,700円って高いなあと思ったので、世界各国のディズニーはどれくらいの値段なんだろうと思って調べてみました。なんと、調べたところ8,700円の東京は格安みたいです。もしかすると、東京ディズニーランド・シーがあれだけ混むのはチケットの値段が安いのも理由のひとつかと思いました。値段を上げたらどうかと考えてみましたのでそれをシェアします。具体的には1万円くらいかなと思っています。

スポンサーリンク

入園料は東京がいちばん安い!!

まずは各パークの入園料からチェックしていきましょう!(ちなみにここから出てくるデータは20216月時点のものになります。入念に調べておりますが、当サイト調べとして間違っていてもご容赦ください。)

世界にはディズニーリゾートは6つしかないんですね。もっとたくさんあると勝手に思っていました!しかも、海外に初めて作られたディズニーリゾートはなんと日本でした!感動!

ちなみに、入園料は香港以外のディズニーはダイナミックプライシング(価格変動制)が導入されていましたので、一番訪れやすそうな土日料金で比較してみました。チケットの種類は1DAYパスポートです。

冒頭にお伝えした通り、チケットの値段が最も安いのは東京でした。一番高いカリフォルニアのディズニーと比べると2倍弱の値段差がありました。これでは流石に東京が高いとは言えなさそうですね。

…いや待てよと、カリフォルニアのディズニーは広くてアトラクションもたくさんあるんじゃないの?だから高いんじゃないの?と思うかもしれません。そこで敷地面積とアトラクション数で比較してみました。広かったりアトラクション数が多いほど人件費がかかったりパークの維持費がかかりますからね。

敷地面積、アトラクション数は大差ない!?

まさかの敷地面積はほぼ変わらず!強いて言うならフロリダの2つのパーク(エプコット、アニマルキングダム)と上海が少し広いかなくらいであとはほぼ変わらないと言えます。

アトラクション数も各パークの合計ですが、こちらもほとんど大差ないと言えるんじゃないでしょうか。

香港に至っては東京より狭いのにもかかわらず、東京よりチケットの値段が高いことになっています!もはや東京はコスパが良いということ…!?

コスパが良いとすると気になるのはどれくらいの人数がパークに来ているかですよね。コスパ良すぎるから毎回混んでいるんじゃないかと思ってしまいます。そこで来園者数で比較してみました。

来園者数は東京が最も多い!だから混む!!

思った通り!来園者数は年間3,000万人で、パークあたりの平均だと世界で最も来園者数が多いことになります。いつも東京ディズニーランド・シーが混んでいるのは、普通ではなかったのですね!東京ディズニーランドだと1日あたり平均4万人来ている計算ですから土日祝なんかは相当混みそうです。ちなみに香港は平均1.7万人なので全然違いますね。

まとめ

1万円くらいまでチケットの値段を上げたら人が減って混まなくなり、結果的にサービスのクオリティも上がって満足度がより高くなるので、お客さん側もディズニー側もwin-winになるのではないでしょうか。海外のディズニーを調べていたらそんなことを思いました。東京ディズニーリゾートも世界基準にするために、まずはチケット代を世界基準の1万円くらいにしてみるのが良いと思います。やっぱり空いてる方が快適ですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました