【16着目】[好きなアパレル]ユニクロ、ノースフェイス、ユナイテッドアローズ比較したら面白かった

スポンサーリンク

今回は私がよく好きなアパレルの売上、原価、利益にフォーカスしてみたいと思います。コロナ禍でアパレル全体としてダメージを受けていると思いますが、それにもかかわらず好調なところもありましたのでシェアします。加えて、コロナ禍でも好調な理由を考えてみました。

スポンサーリンク

各社紹介

今回比較する3社を紹介します。どれも私が大好きで普段から買い物してるブランドです。いずれも服を売るブランドを持つ会社ですが、それぞれのブランドで色がありますので、その色の違いも合わせて紹介します。

ユニクロ

日本だけでなく世界でも有名なファストファッションブランドと言えばユニクロファーストリテイリングを代表するブランドで、高品質な衣服を低価格で提供する。最近では高価格帯のコラボラインの商品も有名。

【10着目】[ユニクロ エアリズムコットンオーバーサイズT]実は見た目より着心地に惹かれる名作
今回はUNIQLO Uの名品エアリズムコットンオーバーサイズTシャツを紹介します。デザインと着心地を両立した圧倒的高コスパTシャツでとてもおすすめです。 はまりすぎて7着買ってしまいました。こちらをレビューします。 ...
【15着目】[UNIQLOエアリズムボクサーブリーフ]快適すぎて戻れない
今回はUNIQLOのエアリズムボクサーブリーフを紹介します。 個人的にはこの数年間でパンツはこれしか履いていないですし買っていないです。履き心地が軽くてノンストレスなボクサーパンツとなっています。今履いているボクサーパンツが少しストレ...

ノースフェイス

日本人が大好きなアウトドアブランドと言えばノースフェイス。ゴールドウィンという会社の筆頭ブランド。アウトドアブランドの中でもブランドイメージが浸透していて、価格帯も高め。アウトドア小物やキャンプ用品も充実。

【1着目】[THE NORTH FACE マウンテンライトジャケット]雨の日とか街中とか色々使えると思って買ってみた
今回は 機能性抜群万能アウターTHE NORTH FACEの人気ジャケットのマウンテンライトジャケットを購入したので紹介します。私(181cm,71kg)が購入したのはニュートープというカーキカラーのLサイズになります。 ...
【13着目】[THE NORTH FACE ロングビルキャップ]頭が大きい私にも似合う帽子にやっと出会えた
今回はノースフェイスのロングビルキャップを紹介します。 ずっと帽子が欲しいと思っていて、奥さんに誕生日プレゼントで買ってもらいました。たまたまフラフラしてたところにちょうどノースフェイスのお店があり、そこで帽子を試着してみたら...

ユナイテッドアローズ

日本で1,2を争う有名なセレクトショップと言えばユナイテッドアローズ。ユナイテッドアローズという会社名の中で手頃なレーベルから超高価格帯を取り扱うレーベルまで幅広く揃う。個人的に一番好きなセレクトショップ。

【3着目】[UNITED ARROWS レギュラー テーパードシャツ] 高級感、落ち感のあるシャツ欲しかったから買ってみた
今回は、大好きなセレクトショップUNITED ARROWSオリジナルのウールシャツを紹介します。ウール50%、ポリエステル50%で高級感のあるシャツです。 私が購入したのはネイビーのXLサイズです。こちらをレビューします。...
【4着目】[Steven Alan DENIM SHIRT-LOOSE]シルエット最高でアウターにも使えるから買ってみた
今回はシルエットが抜群に良いSteven Alanのデニムシャツをレビューします。   私が購入したのはLサイズです。こちらをレビューします。 WHY  - なんでこのシャツを買ったのか 太めのパンツに合うシャツを探して...

各社の19年度の営業利益

ブランド ユニクロ ノースフェイス ユナイテッドアローズ
企業名 ファーストリテイリング ゴールドウィン ユナイテッドアローズ
売上 2,290,548 97,889 157,412
売上原価 1,170,987 45,490 77,429
販売管理費 854,394 35,003 71,224
営業利益 257,636 17,480 8,758
営業利益率 11.3% 17.9% 5.6%

※金額は100万円単位

以下は各3社の19年度の営業利益を出すために、売上原価と販売管理費を売上あたりの割合で表したグラフです。


まずはほぼコロナ前である19年度で比較してみます。グラフから、ゴールドウィンは営業利益率17.9%で他社と比較してとても好調なことがわかります。売上原価と販売管理費が共に他社と比べて低いことが分かります。ブランド力を活かした低い原価率、広告もそんなにないのが理由かなと思いました。

ユニクロは、もっと売上原価率が高くて、利益率が低い薄利多売型のビジネスモデルかなと思っていましたが、一概にそうとも言えないと分かりました。確かにユニクロCMもたくさん見ますし、一等地にたくさん大きな店舗があるので、販売管理費は大きくなると思いました。一方で、ユナイテッドアローズは販売管理費率が圧倒的に高いため、営業利益率が低いです。駅近の良いところに出店していたり、接客店員の人件費等だと考えられます。

各社の21年度の営業利益

ブランド ユニクロ ノースフェイス ユナイテッドアローズ
企業名 ファーストリテイリング ゴールドウィン ユナイテッドアローズ
売上 2,008,846 90,479 121,712
売上原価 1,033,000 42,470 66,691
販売管理費 805,821 33,152 61,634
営業利益 149,347 14,838 -6,613
営業利益率 7.4% 16.4% -5.4%

19年度との比較で言うと、各社とも営業利益率が下がっており、特にユナイテッドアローズでは、マイナスになっています。ユニクロとノースフェイスはどちらとも、売上原価はほとんど変わらないですが、販売管理費の比率が上がっています。販売管理費は、人件費や家賃が固定費でかかってくるためだと考えられます。

各社の21年度と19年度の比較

21年度のデータを19年度と比較してどの程度減少しているのかを確認してみました。

ブランド ユニクロ ノースフェイス ユナイテッドアローズ
企業名 ファーストリテイリング ゴールドウィン ユナイテッドアローズ
売上 87.7% 92.4% 77.3%
売上原価 88.2% 93.4% 86.1%
販売管理費 94.3% 94.7% 86.5%
営業利益 58.0% 84.9% -75.5%
営業利益率 66.1% 91.8% -97.7%

売上はノースフェイスは1割弱減少にとどめていますが、ユニクロは1割強減、ユナイテッドアローズに至っては2割以上も売り上げが下がっています。ノースフェイスが売り上げが落ちなかった理由は3つあると思います。

①ブランド力が高く優良顧客、リピート顧客が多い。そのため顧客側から商品のことを積極的に調べてくれるので、店頭に行けなくてもオンラインストアでも十分に訴求力が高いこと。

②直営店だけでなく、卸店舗も活用できていて様々なチャネルで商品を売れること

③ノースフェイスがユニクロとユナイテッドアローズと違う大きな要因の一つが、アパレルだけでなく、キャンプ用品等も扱っていること。キャンプ用品はコロナ禍でのアクティビティとして需要があったため、それが他2社との大きな違いの可能性あり。

まとめ

売上が高い企業だから良い悪いということはなく、これまで通りこの3社からたくさん服を買いたいと思います。普段何気なく買っているお店の服についてお金の観点で調べてみて面白かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました